西野理子 プロフィール  2018年11月8日

こんにちは。

和歌山県紀の川市「りこさん家」の

西野理子です。

 

 

今日は改めて、

自己紹介をさせていただきたいと思います。

(2019年1月11日 更新)

 

 

*西野理子(にしのりこ)プロフィール*

 

理念 

「世界中の人、

一人ひとりがきらきらと輝き、

 愛でつながった世界をつくる」

 

フウ未来食研究所つぶつぶ公認料理コーチ

日本ベジタリアン学会認定アドバイザー

「つぶつぶ雑穀料理教室 りこさん家(りこさんち)」主宰(和歌山県紀の川市)

スピリチュアルメイク®アドバイザー

岡本よりたか無肥料栽培連続講座受講修了

 

 

 

 

昭和48年(1973)3月生まれ

1年間の中学校の非常勤講師を経て、
23歳で航空管制官となる

宮崎空港・大阪空港・高知空港・関西空港に勤務

24歳春に結婚
24歳秋に死別
37歳で結婚
39歳で離婚

 

つぶつぶ

42歳(2015年)
つぶつぶ創始者大谷ゆみこ氏の著書
「雑穀で世界に光を」でつぶつぶに出会う

本を読み衝撃、感動、感涙、安堵・・・
「これだ!」と直感

 

それ以前のわたしは、
巷の食情報や健康情報の洪水に溺れ、
一方で、
真実の情報がない情報砂漠に佇み、
途方に暮れていた。

 

また、
本当はお料理上手な女性に憧れながらも、
コンビニはわたしの冷蔵庫と自分に言い聞かせ、
諦めるしかなかった過去も持つ、
元料理苦手女子。

 

そんな料理苦手女子がつぶつぶに出会い、
料理ってこんなに簡単だったの!
料理ってこんなに楽しかったの!
なにより、おいしい!

と、
少しずつ、
そしてどんどん料理をするようになる。

 

食への迷いや不安がなくなり、
食卓も整えられるようになってきた。

お家のごはんが一番おいしい!
と言えるようにまでなった。

 

そんな、心も体も喜ぶおいしい手料理を、
自分のこの手で作り出せるようになったことで、
生きる自信が湧いてきた。

 

そして、女性としての自信も。

 

 

また、健康が目的ではなく当たり前に。

 

そして、ただただ
「おいしい、おいしい」と
作っては食べ、作っては食べをしていたら、
勝手に体が、心が整い始め、
眠っていた細胞が、感覚が目覚め始めた。

 

つぶつぶで学んだ食といのちのほんとうの関係。

食は土台。
食とはいのちを養うもの。
わたしたちの、
大切な子どもたちの
いのちを養う食術をお伝えしたいと、
つぶつぶ料理コーチになる。

 

 

スピリチュアルメイク®

スピリチュアルメイク®との出会いは2017年11月。

それまでは、既成のメイク法に疑問を抱いてた。
なぜ、みんな一律にフランス人形を目指してます、
のようなお化粧をされないといけないのか・・・

スピリチュアルメイクは
今までの概念とは全く違うあたらしいメイク。

 

鏡に向かうとは、あなたの内なる神に出会うということ。

お化粧とは自分の内なる気配を表すもの。

お化粧とは神聖なるご神事。

 

お顔の各パーツからのメッセージを紐とき、
ほんとうの自分に出会うメイク。

本当の自分に出会い、
自分を受け入れ、
自分を癒し、
自分が愛おしくなるメイク。

誰のためでもない、
自分が自分になるメイク。

メイクが楽しくなった。
自分が愛おしくなった。

具体的なメイクをしなくても、
その人本来の美しさが
内側からあふれ出し
キラキラと輝きだす。

人は本来、
もうそのままで美しい。

メイクをしなくても美しい。

そしてメイクを
自分の気配を表現するものとして楽しみ、
祈りとともに毎日できたら、
それはそれは美しい毎日になる。

 

 

本質、ほんもの、生き方につながる

「つぶつぶ」も「スピリチュアルメイク」も
わたしがずっと求めていた本質、ほんものだった。

入り口は「料理」と「メイク」。
だが、どちらも生き方につながり、
その先には心豊かな幸せな世界が広がっていた。

そして、
「つぶつぶ」も「スピリチュアルメイク」も
女性性を開いてくれるもの。

人が真に幸せに
目覚めて生きるためのツールだと確信して、
「つぶつぶ」と
「スピリチュアルメイク」をお伝えしている。

生活の大転換を決意

自分を見つめるうちに、

もう自分をごまかさない!
あきらめない!
自分がほんとうにやりたい暮らしをする!
と生活の大転換を決意。

2017年末に21年間務めた航空管制官を辞職
2018年3月和歌山県紀の川市に移住

 

現在は畑を耕す暮らしをしながら、
人が真に幸せに
目覚めて生きるためのツールだと確信して、
「つぶつぶ」と
「スピリチュアルメイク」をお伝えしている。

畑では野菜の他、雑穀と和棉も栽培。
無肥料栽培を実践。
種をつなぎたいと、
種取りもおこなっている。

 

農の分野では、
無肥料栽培の岡本よりたか氏を師事。

農薬や化学肥料の使用はもちろんのこと、
畜産堆肥の使用にも疑問を持っていた。
いろんな農法をちょこちょこと学ぶも
しっくりこなかった頃に、
岡本よりたか氏の無肥料栽培を知る。

これまた、わたしが求めていた
本質、ほんものだった。

よりたか氏のお話はとても理論的で、
いろんなことが
すーっと入ってきた。

農の楽しさを教えてもらった。

また種をつなぐ重要性にも共感し実践中。

雑穀

雑穀の栽培も2018年から行っている。
2018年は雑穀の栽培方法を年間を通して学びに行った。
2019年からはここ和歌山で、
学んできた雑穀の栽培方法をお伝えしていく。

雑穀は、蒔いたその土地を元気にしてくれる植物。
もちろん、わたしちにもパワーを与えれくれる頼もしい存在。
みんなで雑穀の種を蒔いて、地球を元気にしたい。

 

 

大好評!
「西野理子の自分とつながるメルマガ」のご登録はこちら
https://resast.jp/subscribe/86630

料理教室の情報はこちら
「つぶつぶ雑穀料理教室 りこさん家」
https://tubutubu-cooking.jp/schools/detail/111

 

 

 

 

 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です